≪秋冬はライースリペアが一番おすすめ≫

ライースリペアはライスパワーNo.11の開発元の化粧品シリーズです。
ライスパワーNo.11は、日本で唯一※1「皮膚水分保持の改善の効能」が厚生労働省より認められている有効成分。すごいですね。
やっぱり、秋冬の乾燥肌対策はライースリペアが一番おすすめです。
※1医薬部外品の有効成分として

ライースリペア|エタノール・合成界面活性剤について|非イオン界面活性剤とは

ライースリペアには、エタノールや合成界面活性剤が使用されているのでしょうか?

ライースリペアの成分を調べてみると、ライースリペアには、エタノールが入っていました。

そこで、ライースリペアにエタノールが入っている理由をいろいろと調べてみました

しかし、ライースリペアにエタノールが配合されている理由は、詳しくは分かりませんでした。

ただ、ライースリペアにエタノールが配合されている理由には、次のような理由があるのかなと思いました。

エタノールは蒸発するのが早いですので、化粧品にアルコールが入っている場合、化粧品のアルコールとともに水分が蒸発していくそうです。

すると、お肌には有効成分だけが残るそうです。

いわゆる、有効成分だけお肌に残したいときに、化粧品にアルコールを配合することがあるそうです。

以上のことが、ライースリペアにアルコールが配合されている理由なのか、どうなのかは分かりません。

しかし、ライースリペアには、ライスパワーNo.11が配合されています。

ですので、上記の話しも納得できる部分がありました。

実際に、私はライースリペアを使ってみましたが、アルコールが入ってるライースリペアで肌荒れが良くなりました。

アルコールは合う合わないがありますが、私のお肌にはライースリペアはとっても合っていたようです。

↓目の周りの肌荒れが落ちついて、ハリやキメが出てきました。

ライースリペアの効果|トライアル実感セット|肌荒れ対策

ライースリペアと合成界面活性剤との関係について

ライースリペアに、合成界面活性剤が入っているのかを調べてみました。

すると、ライースリペアには、合成界面活性剤と思われる成分が配合されてることが分かりました。

ライースリペアの合成界面活性剤と思われる成分

  • ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)
  • ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル
  • ショ糖脂肪酸エステル(食品添加物の一つ)

ライースリペアの界面活性剤は合成界面活性剤なの?

ライースリペアに入っている界面活性剤と思われる成分は、合成界面活性剤なのでしょうか?

私は、化粧品の成分の専門家ではありませんので、この点に関してはよく分かりません。

ですので、化粧品に配合されてる合成界面活性剤について調べてみました。

すると、化粧品の合成界面活性剤について、次のように記載してるサイトがありました。

≪化粧品の合成界面活性剤について≫

現在活用されている界面活性剤のほとんどは、化学合成して得られた「合成界面活性剤」です。
(合成界面活性剤入りの)基礎化粧品は本当に危険なのか?答えは当然「NO!」です。
まずスキンケア化粧品に配合される界面活性剤は、極微量にしか配合されていません。
…さらに基礎化粧品に用いられる界面活性剤は「非イオン界面活性剤」と呼ばれるものです。
…非イオン界面活性剤は分子量が大変大きく、皮膚浸透できる分子量(少なくとも500未満)のものはほとんどありません
…これらの非イオン界面活性剤は毒性が大変小さく、アイスや乳飲料の食品添加物にも使われるほどです。
…もし化粧品の販売を行うサイトで、過剰に合成界面活性剤や合成ポリマーなんかを悪く言っているようであれば、そのメーカーはあまり信用できるメーカーとは言えません。
引用:かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

上記に引用させていただいた文章は、「化粧品評論家で大人気のかずのすけさん」のサイトからお借りしました。

かずのすけさんによると、「化粧品に配合されている界面活性剤のほとんどは合成界面活性剤」とのことです。

また、合成界面活性剤にはいろいろな種類があるそうで、化粧品に使用されてる「非イオン界面活性剤」は分子量が大きいため、お肌に浸透することがないそうです。

そして、「化粧品に使用されている「非イオン界面活性剤」は、食品にも使われているようにとても安全性が高い」ということでした。

いままでは、化粧品に合成界面活性剤が入っていると、なんとなく「お肌に影響があるのかも…」と思っていました。

しかし、かずのすけさんの合成界面活性剤のお話を読むと、化粧品に合成界面活性剤が入っているのは当たり前なのだなと思いました

また、化粧品にはいっている合成界面活性剤は、安全性のとても高い成分であることも分かりました

ライースリペアとアルコール・合成界面活性剤|まとめ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

勇心酒造営業部さん(@yushin_eigyou)がシェアした投稿

ライースリペアとアルコール・合成界面活性剤との関係をお話ししてきました。

アルコールや合成界面活性剤が化粧品に入ってると、「なんとなくお肌に良くないかも知れない…」といままでは思っていました。

しかし、化粧品とアルコールや合成界面活性剤の関係をよく調べてみると、化粧品にアルコールや合成界面活性剤が入ってても大丈夫、と思えるようになりました

化粧品には合う合わないがあります。

ですので、ライースリペアにも合う合わないがあると思います。

ただ、私のお肌にはとても合っていましたので、やっぱりライースリペアの潤い効果はすごいなと思いました。

たぶん、みなさんのお肌にもとてもいいと思います。

ライースリペアに入っているライスパワーNo.11は、医薬部外品の有効成分として日本で唯一「皮膚水分保持能の改善の効果」が厚生労働省より認められてる成分です。

やはり、お肌の乾燥が気になるときは、日本で唯一の効果があるライスパワーNo.11の潤い改善効果※1を実感して欲しいです。
※1皮膚水分保持能の改善の効果

ライースリペアは値段は高いですので、私はトライアルキットからお試ししました。

みなさんのお肌の乾燥が気になるときは、トライアルキットからお試ししてみてはいかがでしょうか?

きっと、「ライースリペアを使って良かった」と思うと思いますよ。

↓ライースリペアトライアル(1,750円税抜)

↓限定トライアルキット(お得なのでおすすめ)

↓人気記事

ライースリペアとアトピスマイルクリームの違い|アトピー肌

ライースリペア化粧水の全成分

 

≪ライースリペア基本情報≫

ライースリペア
有効成分 ライスパワーNo.11
※医薬部外品の有効成分として日本で唯一「皮膚水分保持能の改善の効能」が厚生労働省より認められてる成分
特徴 ライスパワーNo.11を開発した会社が作っている保湿化粧品。ライスパワーNo.11配合の化粧品で一番おすすめ
おすすめの方 お肌の乾燥・肌荒れが気になる方
・どんな保湿化粧品を使っても乾燥が良くならなかった方
天然由来のお肌にやさしい有効成分の化粧品を使いたい方
容量
価格(税抜)
化粧水120ml・8,000円
美容液30ml・10,000円
クリーム40g・8,000円
↓↓↓
お試し(税抜) トライアルキット(10日分・1,750円)
限定お試し(税抜) ライースリペア実感キット(2,500円)
※トライアルキット+化粧水(1ヵ月分)

 

↓肌の乾燥が気になる方に一番おすすめ♪

 

 

フォローする